ブログトップ

亜門虹彦のビバ!青春!

nijihiko.exblog.jp

亜門虹彦の日々のいろいろ

実は新しいブログを…

意識高い系! 心理アナリストの亜門虹彦です。


えー、お仕事などもろもろの連絡メールは、turbine2000@gmail.comにお願いします。こちらから折り返し、本メールにて返信させていただきます。


しばらく前の話になりますが、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に、心理テストを提供させていただきました。ご覧になられたかたは、いらっしゃいましたでしょうか?


それはともかく、備忘録として、最近読んだ本を…。

・『震度0』(横山秀夫)…ハズレなしの、横山秀夫作品。今回もすごく面白かったです。

・『ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ』(ブルボン小林)…古いゲームが中心のエッセイ集。最近はまったくゲームをしない私ですが、楽しかったです。

・『虐殺器官』(伊藤計劃)…比較的新しい日本SFも読んでみようと思って手に取ったのですが。うーん、主人公の行動原理にあまり魅力を感じず、ちょっと私は乗れませんでしたね。

・『女たちよ!』(伊丹十三)…古い本なので、パスタをめぐる諸々など、古いと感じる部分も当然あるんですが、根底に流れる美意識はさすがです。

・『シンメトリー』(誉田哲也)…『ストロベリーナイト』のシリーズ第3作。短篇集ですが、まずまず。

・『虚空の眼』(フィリップ・K・ディック)…はるか昔、『宇宙の目』というタイトルで翻訳されたのを読んでいましたが、再読。やはりディックは、面白いですね。

・『ジェノサイド』(高野和明)…うーん、今ひとつ。

・『セカンド・ラブ』(乾くるみ)…『イニシエーション・ラブ』の続編的な位置づけですが、『イニシエーション・ラブ』の方が、面白かったです。


ところで私、実はこっそり、新しいブログを始めておりました。ある特定の分野の、映画のブログです。興味のあるかたは、クリックしてみてください。


[PR]
by nijihikoamon | 2015-02-25 14:57 | 平穏な日常