ブログトップ

亜門虹彦のビバ!青春!

nijihiko.exblog.jp

亜門虹彦の日々のいろいろ

乃木坂工事中

白いメガネフレームの人の、エネルギッシュ感! 心理アナリストの、亜門虹彦です。


えー、お仕事などもろもろの連絡メールは、turbine2000@gmail.comにお願いします。こちらから折り返し、本メールにて返信させていただきます。


けっこう前のお話になりますが、『乃木坂工事中』に出演させていただきました。ご覧になったかたは、いらっしゃるのでしょうか?

そして、こちらのサイトでは、女性向けの心理テストを公開中。よろしかったら、チェックしてみてください。

http://sp.25ans.jp/fashion/summer2015/


私が最近熱心に更新しています、マニアックな映画のブログはこちらです。

http://cinemaboy.blog.fc2.com/


それはそうと、備忘録として最近呼んだ本を…。

・『妖怪馬鹿』(京極夏彦)……3人組の妖怪珍道中ですが、うーん。

・『デス・コレクターズ』(ジャック・カーリィ)……相変わらず、とても面白いです。

・『どぶどろ』(半村良)……時代小説ですが、登場人物を紹介する短編が7つあり、全員が絡み合う中編があるという、凝った構成。面白かったですね。

・『狐火の家』(貴志祐介)……『硝子のハンマー』の登場人物たちが活躍する、短篇集。『硝子のハンマー』よりも、楽しい印象です。

・『笑う警官』(佐々木譲)……そこそこ面白い警察小説ですが、団塊ナルシシズムの香りがちょっと。自分たちを「バンド」と表現するのはダサい感じが。

・『実録あなたの知らないオカルト業界』(三浦悦子)……著者が「この人は本物だ!」と愚かに信じこみ、メッキがはげると「インチキだ!」と騒ぐ、そういう本でした。

・『幽霊座』(横溝正史)……古きよき、探偵小説です。

・『ロードワーク』(スティーヴン・キング)……自分の家と工場が、高速道路の建設で立ち退きを迫られている。そんな主人公による逆ギレ小説。まずまずでありました。


ではまた、お会いしましょう。


[PR]
by nijihikoamon | 2015-07-07 03:00 | 平穏な日常