ブログトップ

亜門虹彦のビバ!青春!

nijihiko.exblog.jp

亜門虹彦の日々のいろいろ

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

切手趣味週間! 亜門虹彦です。

えー、お仕事などもろもろの連絡メールは、turbine2000@gmail.comにお願いします。こちらから折り返し、本メールにて返信させていただきます。

最近読んだ本
・石持浅海『人柱はミイラと出会う』…人柱やお歯黒、厄年、参勤交代などが、今の日本に残っていて、その世界で事件が起きるという連作短編集。連作短編集としての「結構」はキチンとしていますが、それゆえにちょっと窮屈な感じがしないでもなく…。そこそこ面白いんですが、そこが残念でございました。

f0237494_9282593.jpgそれはともかく、角川映画を見る会、今回は『野性の証明』です。1978年公開。原作は森村誠一、監督は佐藤純彌。『人間の証明』に続く、『証明シリーズ』第2弾ということになるのでしょうか? 私が高校生の頃の公開作なんですが、実は私、今までこの作品を見ておりませんでした。原作も未読です。なので、かなり期待して見始めましたよ。

お話はといいますと、次のような感じです。

東北の寒村で大量虐殺事件が発生。唯一生き残った少女・頼子はショックから記憶喪失となっていたが、当時山中でサバイバル訓練を行っていた自衛隊員・味沢に引き取られる事になる。退役した味沢と頼子は地方都市で平穏な生活を行っていたが、予知能力とも言える頼子の持つ不思議な力が二人を巨大な陰謀へと巻き込んでいく…。

予告編が見つかりませんでした。エンディングは、こちらです。

主人公の味沢を高倉健さんが、そして頼子をこの作品がデビューとなる薬師丸ひろ子さんが演じています。お話の本筋としては、地方都市を完全に牛耳っていて、そのためには殺人も辞さない巨悪がいる。また自衛隊にも、是が非でも隠したい過去の事件がある。そのキーパーソンになるのが味沢で、最終的に自衛隊との戦いになる…といったものなのですが。

けっこうその辺の設定が、森村誠一さんならではの正義感のありようでしたね。また薬師丸ひろ子さん演じる頼子がちょこっと未来が見える能力を持っていて、その辺のファナティックな設定に関しても、どうなんかなぁと思ってしまいました。

f0237494_9292255.jpg
キャストは、相変わらず豪華であります。丹波哲郎さん、三國連太郎さん、ハナ肇さん、松方弘樹さん、金子信雄さん、成田三樹夫さん、大滝秀治さん、田中邦衛さんなどが、物語に華を添えています。

ただその中で一番気になったのは、舘ひろしさんであります。舘ひろしさんは地元有力者のバカ息子の役を演じているのですが、『人間の証明』では岩城滉一さんがバカ息子役を演じていて、二人ともほぼ同じような設定で、同じような人物なんですね。森村誠一さんのバカ息子に対する一種のルサンチマンを感じると同時に、「バカ息子=クールス」という見解が角川映画にあるのか、そしてクールス的にそれでいいのか…といったことを、考えずにはいられませんでした。

f0237494_9294642.jpg
この『野性の証明』、映画としてはうーん、どうでしょう。ちょっと色々と盛り込もうとしすぎて、グダグダな印象になってしまっています。自衛隊との戦闘場面はお金がかかっているんですが。健さんもがんばってはいるものの、ちょっと違う気がするんです。薬師丸ひろ子さんは、時おり魅力を見せて、まずまずいい感じですが。

そんなこんなで、ちょっと残念な映画でありました。でも主題歌はよいですよ。
f0237494_930791.jpg


次回は第8弾。『悪魔が来りて笛を吹く』であります。1979年公開。西田敏行版金田一。
[PR]
by nijihikoamon | 2012-04-25 09:31 | 角川映画を観る
ドロロンえん魔くん! 亜門虹彦です。

えー、お仕事などもろもろの連絡メールは、turbine2000@gmail.comにお願いします。こちらから折り返し、本メールにて返信させていただきます。

最近読んだ本
・小泉喜美子『弁護側の証人』…えー私はいわゆる「叙述トリック」のミステリーが大好きで、この本もその1冊。1963年に初めて単行本化された古い小説ではあるのですが、かなり面白かったです。2009年に復刊された集英社文庫版では道尾秀介さんが解説を書いていらっしゃるのですが、こちらも適切。

f0237494_9595280.jpgさて、角川映画を見る会、第6弾は『野性号の航海 翔べ怪鳥モアのように』です。1978年5月公開作。監督は門田得三さん。DVD化されていないということで、VHSのテープをレンタルしているところを見つけて、そこで借りてきて、鑑賞しましたよ。

この映画はどういうものかといいますと、つまりはドキュメンタリーなんですね。

1977年5月16日、一艘の帆船が太古の海へ漕ぎだしていった。野性号II、片翼の怪鳥モアにも似たアウトリッガー・カヌーだった。古代文化の移入ルートのひとつと想定されている“黒潮の実験航海に挑んだ若者たちが、ルソン島から鹿児島へむけて、2500キロの壮途についたのだった。古代文化史の未明な部分にメスを入れ、日本文化の源流を探ろうとする実験航海である。古代帆船カヌーを建造し、ルソン島から鹿児島まで、11人のクルーを乗せ、風まかせ、潮まかせの帆走を試みようと出港したものの、マストを折るなどのアクシデントに見舞われる。クルーはそのたびに一喜一憂をくり返し、出港後44日で、鹿児島港に野性号IIを無事接岸されたのだった…。

スクリプトを片岡義男さんが、ナレーションを西田敏行さんが担当しています。

角川春樹さんが船長となって、角川書店社員や冒険家の堀江謙一さんとともに帆船を操るのですが、実は途中でかなりあちこちの島に立ち寄っているんです。しかも伴走する船があるし、けっこう普通のご飯を食べています。その意味では、「すごく過酷」というわけではないような印象があるんですね。もちろん、この船が沈んで角川書店主要メンバーの身に何かあったら、角川書店崩壊ということになってしまうので、そんなわけにはいかないというのもわかるのですが…。

ただ一番「つらいだろうな」と思ったのは、人口密度の高さです。船のサイズと比べて、人が多いんですよ。そのため、一日中、いや何日も続けて、すぐ間近に、角川春樹さんの顔面がある。何かと気を使うし、大変であります。そこは本当に「乗組員のかたがかわいそう」と思ってしまいましたよ。

ドキュメンタリーなので、出港してすぐマストが折れた以外は、天候や風向きが思うようにいかないくらいのもので、あまり大きな事件が起きるわけではありません。船の旅というのは、そんなものなんですね。

本も売れているし、映画も次々ヒットして、角川書店にはお金がたくさんある。そこで税金を払うよりは好きなことにお金を使おうと思って、企画した映画なのかな…とゲスな私は思ってしまいました。

ただ、何て言うんでしょう、インドアの私ですが、やはり海の風景は気持ちがよかったですよ。なので、それほど退屈せずに、見ることができました。

それにしてもこの映画、ネット上にスチルとかもなくて、そこはちょっと寂しかったですね。

海、冒険、それは男のロマン。私もいつか、そんな冒険に出たいものです。え? 今さら無理だろうって? いや、貴女の心という、大海原があるじゃないですか。(←いい加減なまとめ)

次回は第7弾、『野性の証明』です。1978年10月公開作。
[PR]
by nijihikoamon | 2012-04-23 10:04 | 角川映画を観る
東京都新宿区新宿字恐山、亜門虹彦です。

えー、お仕事などもろもろの連絡メールは、turbine2000@gmail.comにお願いします。こちらから折り返し、本メールにて返信させていただきます。

最近読んだ本
ジェフリー・ディーヴァー『スリーピング・ドール』…『ボーン・コレクター』から始まる、リンカーン・ライムシリーズという小説シリーズがありまして、私はいつも楽しみに、一作一作読んできたのですが、そのシリーズに脇役で登場したキャサリン・ダンスを主人公にしたいわばスピンアウト作品。このキャサリン・ダンス、キネシクスの専門家であります。キネシクスというのは、「容疑者や証人のボディランゲージや言葉遣いを観察し、分析する科学」。カルトのリーダーが脱獄をして、それを追うことになるのですが…。いやー、面白かったですね。キャサリン・ダンスの尋問の場面も、どんなしぐさを元にウソを見抜いたかといったことがしっかり書き込まれているので、楽しかったです。二転三転するどんでん返しも効いています。シリーズの続きも読みたいけれど、全部読みつくすと楽しみが少なくなってしまうのが寂しいところ。

f0237494_2332249.jpgさて、角川映画を観る会、第5弾は1978年2月公開の『女王蜂』であります。監督はもちろん、市川崑。『獄門島』から約半年後の作品ですが、出来栄えはいかがでしょうか?

お話はといいますと、次の通りです。

昭和7年の天城で、大道寺銀三(仲代達矢)と日下部仁志の二人の学生が、大道寺琴絵という女性と出会う。日下部は大道寺琴絵を愛し、やがて琴絵は妊娠する。しかし、日下部は母に結婚を反対され、崖の上から転落死する。昭和11年。銀三が琴絵に、日下部との子供を承知の上でプロポーズする。昭和27年。美しく育った智子(中井貴恵)に、三人の求婚者が現われる。そして、そのうちの一人・遊佐三郎が大時計の歯車に体を引き裂かれて死ぬ。その第一発見者が智子だった…。

予告編は、こちらです。

f0237494_2332494.jpgさてこの映画のウリはといいますと、『犬神家の一族』の高峰三枝子さん、『悪魔の手毬唄』の岸恵子さん、『獄門島』の司葉子さんという3人の大女優さんが競演していること。そこに、仲代達也さん(1975年の市川監督作品『我輩は猫である』で苦沙弥を演じました)が加わって、豪華キャスト感が強まっています。さらにミラーマン、仮面ライダー2号、バロム1も出演していますよ。そして超大型新人女優、中井貴恵さんがヒロインを演じます。

映画の開始早々、仲代達也さんの学ラン姿を楽しむことができます。このあたりは、出演者の顔面にこだわるわりに年齢にこだわらない、市川崑監督の面目躍如と言えますね。

しかしその後、物語は微妙な違和感をはらみ始めるのです。

f0237494_23331178.jpg中井貴恵さんが演じる大道寺智子、原作ではこう表現されているんですね。「昭和二十六年五月二十五日をもって、満十八歳になる大道寺智子の美しさは、ほとんど比べるものがないくらいであった。(中略)とにかく諸君があらん限りの空想力をしぼって、智子という女性を、どんなに美しく、どんなに気高く想像してもかまわない。それは決して、思いすぎということはないのだから。」

もちろん中井貴恵さんは、とてもステキな女性であると思うのです。性格もとてもよろしいでしょうし、お美しいと思うのですよ。でも、その、なんですか、この作品のヒロイン像とは、ちょっと違うかと…。『女王蜂』というタイトルも、第一印象的には大道寺智子を指すわけで、群がってきた男たちを破滅させる存在感みたいなものが欲しかった。

大滝秀治さん、小林昭二さん、三木のり平さん、坂口良子さん、白石加代子さんなど、いつもの市川崑組役者陣もたくさん出演。ただ、お話の方がけっこう盛り上がらないので、つらいところです。

f0237494_23333228.jpgこの作品では、京都でのお茶会の場面が、見た目的に盛り上がる場面として設定されているんですが、この場面も今ひとつ精彩を欠いてしまっております。うーん、残念。けっしてすごくつまらないというほどではないんですが…。

『女王蜂』の毒は、あなたの脳みそに届いたでしょうか?

次回の『角川映画を観る会』は第6弾、『野性号の航海 翔べ怪鳥モアのように』です。1978年5月公開作。
[PR]
by nijihikoamon | 2012-04-16 23:34 | 角川映画を観る
どう? みんな、サブカってるかい? 亜門虹彦です。

えー、お仕事などもろもろの連絡メールは、turbine2000@gmail.comにお願いします。こちらから折り返し、本メールにて返信させていただきます。

最近読んだ本
・『鹿の死んだ夜』トマス・H・クック…私が大好きな作家のひとり、トマス・H・クックのデビュー作。動物園で鹿の惨殺事件が起こり、初老の刑事リアダンが捜査にあたります。デビュー作ということもあって、クック独特の文体やどんでん返しの技などはまだ薄味ですが、それでもどこか「新しいハードボイルド」といった趣を秘めていますね。なかなかに面白かったですよ。クック好きなかたにはおすすめ。クックを知らないというかたには、『夏草の記憶』か『緋色の記憶』の方がおすすめです。

f0237494_2584894.jpgさて『山手線一周珈琲旅』の第3回、新大久保編であります。新大久保といいますと、私にとって以前は中古楽器を物色する街だったのですが、最近はあまり行っておりません。いったいどうなっているのでありましょうか? 早速山手線に乗って、レッツゴー!

で、新大久保駅の改札から出てみて、ビックリ。街の様相が、昔とは一変しておりますよ。

f0237494_2591337.jpgそんな中、喫茶店を探してさまよう場違いな私。しかしごく普通の喫茶店は、なかなか見つかりません。風月堂の喫茶室は2軒ありますが、こちらはチェーン店なのでパス。ふと、とあるビルの3Fに『コーヒープリンス』というお店があるのを発見。コーヒープリンス? 日本語でいうと『珈琲王子』? このお店は新宿にある『珈琲貴族』のようなお店なのでしょうか? 私はこのお店に入ったほうがいいのでありましょうか?

f0237494_2595321.jpgそう悩みつつさらに歩いていると、『coffee house SASA』というお店を、発見しましたよ。よし、ここに入るといたしましょう。ちなみに場所は、新大久保駅の改札を出て、右方向(明治通りに向かって)300メートルほどあるいたところの右側、ビルの2階です。

f0237494_301063.jpg店内に足を踏み入れてみると、野球選手のユニフォームなどが飾ってあります。昔は、野球とかをウリにした喫茶店だったのかもしれません。あ、でも寺内タケシさんのサイン入りモズライトも飾ってありますね。

f0237494_304096.jpg私が注文したのは、マロンケーキとブレンドのセット。コーヒーには砂糖とミルクを入れて、いただきました。

代金を支払いお店を出ると、エキゾチックな風が吹いておりました。

異国の風に誘われて~
どこまで行くのか コーヒーの旅人よ~
モカにブラジル コロンビア~
今日もカップを 持つ手が燃える~
(間奏)
お豆の香りに気もそぞろ~
何杯飲むのか コーヒーの旅人よ~
キリマンガテマラ マンデリン~
今日もスプーン 回して燃える~

エンディングテーマを作ってみましたが、いかがでしょうか?

次回は新宿。新宿は喫茶店も多いから、楽しみでありますよ。
[PR]
by nijihikoamon | 2012-04-11 03:01 | 山手線一周珈琲の旅
わ~かめ好き好き~! 亜門虹彦です。

えー、お仕事などもろもろの連絡メールは、turbine2000@gmail.comにお願いします。こちらから折り返し、本メールにて返信させていただきます。

最近読んだ本
・深町秋生『デッドクルージング』…かなり好きな作家でありまして、この『デッド・クルージング』でおそらく、今出ている深町秋生さんの本は、全部読んだことになりますよ。2015年、中国人、韓国人、日本人が入り乱れる暴力都市となった東京を舞台にした、ノワール・バイオレンス小説とでも言ったらいいのでしょうか。疾走感あふれる展開でしたが、登場人物が多くて、それを追っていくのがちょっぴり一苦労でありました。
・湊かなえ『少女』…同じ湊かなえさんの『告白』は読んでいて、なんて後味の悪い小説か、とビックリしていたのですが、この『少女』は『告白』ほどは後味の悪さを感じませんでした。とはいえ、けっこうイジワルな部分はあるし、後味が悪い出来事もたくさん起こっているのですが。でも面白かったですよ。

f0237494_23493846.jpgそれはさておき、角川映画を見る会、第4弾は『人間の証明』であります。監督は『ゴルゴ13』『新幹線大爆破』などを作った、佐藤純彌。スケールの大きな作品には、うってつけのかたですね。佐藤純彌監督、後に『超能力者 未知への旅人』『北京原人 Who are you?』なども撮られることになります。原作は森村誠一。公開は1977年10月。

f0237494_23501332.jpgお話はといいますと、次の通りです。
東京の高級ホテルのエレベーターで黒人男性が殺された。“ストーハ”という言葉と、西条八十の詩集を残して。捜査線上に見え隠れするファッションデザイナー八杉恭子とその息子。黒人男性の過去を追って渡米する棟寄刑事。八杉と黒人男性の意外な関係、そしてアメリカの刑事と棟寄刑事の関係が明らかになる…。


予告編はこちらです。

今回改めて見返してみましたが、私が16歳の時の作品ということで、まさに時代の雰囲気をまざまざと思い出しました。映画というのは本当に、時代を映すものでもありますね。

f0237494_23504456.jpgこの映画の実質的な主役は、松田優作とジョージ・ケネディということになるのでしょうか。かなりの部分、ニューヨークロケを行っていて、当時の角川映画の気概というか、本気度合いがうかがえます。出演者もかなり豪華で、岡田茉莉子さん、三船敏郎さん、鶴田浩二さん、ハナ肇さんなど、お金がかかっている感がにじみ出ていますね。市川崑の金田一シリーズからは、坂口良子さん、大滝秀治さんも出演しています。

ただ、八杉恭子の、実は山本寛斎さんのファッションショーのシーンは、けっこう苦痛でありました。山本寛斎さんのファッションのよさを、私が今ひとつ理解できないのが原因かもしれませんが。

喫茶マニアとしては、鈴木ヒロミツさん出演場面の喫茶店が、新宿三丁目の「エルザ」(今はトラットリアになっています)なのに、懐かしさを感じましたよ。

f0237494_23511122.jpgそして物語は、謎解きの場面へ。ジョー山中さん、残念ながらセリフを言ったりするのはあまり得意ではないというのが、ここで初めて露呈します。日本語のセリフをいくつか、口にするんですね。しかしそれまでの豪華出演者がコツコツお芝居を積み重ねてきたせいで、あまりガッカリ感がありません。この辺は、演出・編集のうまさといったところで、感心いたしました。

そして最後に流れる、♪ママ~ドゥユリメンバー~。うーん。私はけっこう満足できましたが、今の人が見てどう思うのでありましょうか? 当時の時代性と言いますか、アメリカに対する二律背反的な感情が背景にあると思うのですが、そのあたり、今とはとらえ方が大きく変わっているようにも思いますね。アメリカとは何なのか? その答えは皆さんの心の中にあるのかもしれません。(←無責任なまとめ方)

次回は、第5弾『女王蜂』であります。
[PR]
by nijihikoamon | 2012-04-03 23:52 | 角川映画を観る