ブログトップ

亜門虹彦のビバ!青春!

nijihiko.exblog.jp

亜門虹彦の日々のいろいろ

<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ハロプロの曲のバックに突然入る、つんく♂の合いの手! 亜門虹彦です。

私が夢診断を監修させていただいております、『YOU MAY DREAM』(テレビ朝日系)は好評オンエア中。

そして電子書籍版『サイコロジー夢診断 夢占い』が、itunesから発売中であります。よろしかったらチェックしてみてください。

えー、そして。お仕事などもろもろの連絡メールは、turbine2000@gmail.comにお願いします。こちらから折り返し、本メールにて返信させていただきます。

しばらく前に、『パシフィック・リム』を見たんですね。3Dの吹き替え版。大変に面白かったのですが、ただやっぱり物足りない部分もあり。「俺ならこの要素を入れる」「俺なら怪獣をこうする」といった「俺の心の中の『パシフィック・リム』」を想像して楽しむ感じですね。それと、菊地凛子さん問題といったものもありますが、皆さんはこの件について、どう思われているのでしょうか? 菊地凛子さん、がんばっていらっしゃるし、おそらく直接お会いしたらとても魅力的な女性であると思うのですが…。

備忘録として、最近読んだ本を…。
・『ストロベリーナイト』(誉田哲也)……最初のちょっとグロな場面を乗り切れば、ものすごく面白くなります。
・『タモリ論』(樋口毅宏)……基本的に言っていることは正しいとは思いますが、もうちょっとだけ踏み込んでいただければ。その昔私は、半年ほど『笑っていいとも!』の金曜オープニングコーナーに出演していたことがあるのですが、その時、上手奥のところで、毎回タモリさんと一緒に出番を待つ2分ほどの時間があり。そこでの静謐かつ緊張感のある時間を懐かしく思い出しました。
・『盗まれた街』(ジャック・フィニィ)……オールドスクール的なSFです。ああ、癒されます。
・『切り裂く男』(ウィリアム・J・コグリン)……まずまずのサスペンス。
・『犯罪小説家』(雫井脩介)……前半はとても面白かったのですが、後半、少しだけ息切れ気味?

さて、心理アナリストであったり、珈琲店のマスターであったりする私ですが、自分的にもうひとつ重要な活動がありまして、それは「お芝居の脚本家」としての活動なんですね。
とはいえ、作品を書く頻度は数年に一作。もちろんそれがものすごい収入に結びつくこともなく、自分の愉しみのひとつとして細々と続けているわけなのですが。実際問題、多分「亜門虹彦の脚本、カッコいい」「なかなかいいね」と思ってくれている人は、この広い世の中で20人くらいしか、いないと思います。
そんな私なんですが、実は今年、新作を書いたんですね。タイトルは『邪悪だらけの素晴らしいセカイ』と言いまして、内容はと言いますと、秋葉原の街を舞台にしたゾンビ演劇! ジャンクショップを舞台に、インディーズアイドルやソフマップでキャンペーン中のグラドルが入り乱れてという、中二魂全開のお話になっております。
うーん、こうして内容を要約すると、どうかなという感じもいたしますが、しっかりお笑い要素も盛り込んだり、お芝居ならではのガジェットも盛り込んだりして、楽しい作品になっていると思うのです。
この作品が、DCS演劇祭の参加作品として、10月27日14時より、新宿シアターブラッツにて、上演されるんですね。演出は木村健三氏、出演はドワンゴクリエイティブスクールのMDT4クラスの皆さんであります。若者たちが出演するということもあって、そうしたお話にしたんですね。
よろしければぜひ、チェックしてみてください。
[PR]
by nijihikoamon | 2013-10-23 00:27 | 告知です