ブログトップ

亜門虹彦のビバ!青春!

nijihiko.exblog.jp

亜門虹彦の日々のいろいろ

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0237494_13505492.jpg

たまに見かける、長い髪の毛を頭のてっぺんで束ねているヘアスタイル。あれを見ると、私は「阿修羅像」を思い出します。心理アナリストの、亜門虹彦です。


えー、お仕事などもろもろの連絡メールは、turbine2000@gmail.comにお願いします。こちらから折り返し、本メールにて返信させていただきます。


『ナカイの窓』のホームページに、心理テストを提供させて頂いています。よろしければ、チェックしてみてください。


備忘録として、最近読んだ本を…。

・『僕たちのゲーム史』(さわやか)……僕もゲームが大好きだったので、懐かしく読みました。パソコンゲームについても、少しではあるものの触れてあったのが、うれしかったです。

・『順風』(三本美治)……脱力系マンガですが、今ひとつ乗れず。

・『第三の時効』(横山秀夫)……横山秀夫さんの作品は、ハズレがほとんどありません。F県警強行犯シリーズ第1弾のこの本も、面白かったです。

・『装飾庭園殺人事件』(ジェフ・ニコルソン)……伝説のメタ・ミステリーという惹句に惹かれて読んでみたんですが、うーん、私はあまり楽しめませんでしたね。

・『湯煙りの密室』(中町信)……中町信さんのミステリーには、かなりの頻度で「背が低くてすごくむっちりした熟女」が「セクシーな存在」として描かれる場面が登場します。それを読むたび、私は「この作品でも!」とニヤリとしてしまうのです。


ところで、最近すごくシュールな体験をしたので、書かせてください。

喫茶店のオーナー兼マスターでもある私は、先日、自分のお店を映画の撮影に提供したんですね。知り合いの役者さんの紹介で。スタッフのエプロンも貸して欲しいというお話だったので、それもOKしました。

撮影の日は、私はカギを開け、撮影が終わってからカギを閉めに行き…という感じで、撮影風景などはまったく見ていなかったのです。

で、作品が完成したという連絡を頂いて、試写会に見に行きました。

映画は、私のお店の内部のシーンが半分以上で構成されていて、お店もきれいに撮影されていて、うれしかったのですが。

ふだんは「オレの店」「オレの仕事場」と認識している場所で、他のおじさんが見慣れたエプロンをして「マスター」と呼ばれている。スタッフもエプロンは同じなのに、中身の人が違っている。そしてその見慣れた喫茶店で、とんでもない事件が起きている。

まさに『SF/ボディ・スナッチャー』の世界! ジャック・フィニィ『盗まれた街』の世界! 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』。そのとんでもない世界に、ふだんは穏やかな知り合いが後半突然登場し、とんでもないことをしている!

これは現実なのか? もうひとつの悪夢なのか? 筒井康隆的とも言える、頭の中がクラクラする体験だったのです。うーん、うまく皆さんに伝わっているかはわかりませんが。

その映画のタイトルについては、一応秘密にさせてください。私と知り合いの人には、お教えしますが。でも一度でも私のお店に来た人は、映画を見ればすぐにわかると思いますし、映画を見た人が私のお店にいらしていただければ、「あの映画の喫茶店だ」とすぐにわかると思いますよ。



[PR]
by nijihikoamon | 2014-04-10 13:52 | 平穏な日常

親友や恋人と「相方」と呼び合う関係。心理アナリストの亜門虹彦です。


えー、お仕事などもろもろの連絡メールは、turbine2000@gmail.comにお願いします。こちらから折り返し、本メールにて返信させていただきます。


けっこう前の話になりますが、『乃木坂ってどこ?』に、出演させていただきました。乃木坂46の皆さんの、初夢を分析するという企画であります。ご覧になったかたは、いらっしゃったのでしょうか? 私としては、けっこう楽しいお仕事でありましたよ。


備忘録として、最近読んだ本を…。

・『ソウルケイジ』(誉田哲也)……『ストロベリーナイト』のシリーズ第2作。まずまず面白かったですが、『ストロベリーナイト』ほどの衝撃はなく。

・『復讐はお好き?』(カール・ハイアセン)……客船のデッキから突き落とし自分を殺そうとした夫に復讐をするというお話ですが、明るいトーンで楽しかったです。アメリカならではの楽観主義的な物語といってしまえば、それまでですが。

・『ユニット』(佐々木譲)……なかなかに面白かったです。

・『隻眼の少女』(麻耶雄嵩)……麻耶雄嵩さん独特の、トッピなミステリ。奇妙な事態をめぐる奇妙な記述に、頭がクラクラしますが、そこが魅力かと。私は好きですよ。

・『死霊狩り』(平井和正)……『死霊狩り』と書いて「ゾンビー・ハンター」と読みます。私は子どもの頃、平井和正原作、桑田次郎画の『デスハンター』というマンガを楽しく愛読していた記憶があって、その小説版である『死霊狩り』を改めて読んだのですが、うーむ、今ひとつでした。私がオトナになってしまったのか。


f0237494_15372428.jpg
ところで私は最近、映画『時をかける少女』(原田知世版)を久しぶりに再見しました。以前からうっすらと感じていたのですが、性的な描写が多いのに改めてビックリしましたね。一度そう感じてしまうと、五郎ちゃんが醤油の樽から醤油をビンに移すシーンでさえも、エロスを感じてしまいます。うーむ。大林イズム。しかもこの作品、最近話題(もうそんなでもないですが)の「リケジョ映画」でもあったんですね。ラストシーン、白衣の原田知世さんに萌えた我々の年代の男たちが、小保方さんをチヤホヤしてしまった側面もあるのではないか…と思った次第です。『時をかける少女』に関しては、改めて「角川映画を見る会」で感想をまとめたいと思いますが、とりあえず。


[PR]
by nijihikoamon | 2014-04-02 15:31 | 平穏な日常